新着記事
08/24: 待ち時間・アカウントなしで4sharedにあるファイルをダウンロードするには
08/23: 色んな歌詞検索サイトから歌詞を探してくれる高機能歌詞検索ソフト -Lyrics Master-
08/01: フリーでいろんな国のIPアドレスを利用できるFireFoxのVPNアドオン -Hola Unblocker-
07/18: 著作権フリー・無料で利用できるBGMダウンロードサイト - audionautix
07/17: apngをブラウザ上で見るには
06/14: deviantARTなどで入手したテーマに変更するには
06/03: [KissAnime] - 日本語検索可能でいろんなタイトルが見れるアニメ無料視聴サイト
05/30: スマホをギターにして演奏してしまう動画
05/23: InoReader - シンプルで使いやすいRSSリーダー
05/18: [Apowersoft音声録音フリーツール] - PC・マイクから簡単に録音できるフリーツール
05/12: フリーのDNSへ簡単に変更出来るDNSチェンジャー - [ChrisPC DNS Switch]
05/11: C言語 入門 複合文について
05/10: TabsBy.Net - フリーで利用可能なオンラインTABプレーヤー
05/09: [Chrome Extension]Chromeで新しいタブを開いたときにWindows8のメトロ画面にするExtension - New MetroTab
05/06: Bop.fm - フリーでクールなインターフェイスのオンライン音楽プレーヤー
05/05: iAlbums - アルバムごとにカテゴライズされたプレイリスト作成も可能なオンライン音楽プレーヤー
09/20: [B1 Online Archiver] オンライン上で圧縮ファイルを解凍できるサイト
09/15: Operaの旧バージョン(15以前)にXSSの脆弱性が
09/10: ペルセウス座流星群を1分で
08/29: スマホアプリ紹介サイト
RSS feeds

2010年06月17日

どのフリーDNSサーバが速いかを比較してみました

フリーで公開されているDNSサーバのうち、どのDNSサーバが速いかを調べてみたいと思います。

DNS(Domain Name System)サーバは、ドメイン名(www.google.comなど)をIPアドレス(66.249.89.104など)に変換するコンピュータ・サーバのことを言います。

分かりやすく言うと
ドメイン名っていうのは一般に良く見るインターネット上のアドレスです。これは私たち人間にはとても理解しやすいですよね。
例えば「www.google.com」ならGoogleだってすぐに分かると思います。
ですがコンピュータにとってはこの「www.google.com」は理解しづらいんです。

逆に私たちにとってIPアドレス(66.249.89.104など)は一般的にあまり良く分からないですよね。
試しに「66.249.89.104」をブラウザのアドレスバーに貼り付けてみてください。Googleが表示されるはずです。これは一目見てGoogleだなんて分かりませんよね?(専門の方は除きます)

でもコンピュータ同士ではIPアドレスの方が分かりやすいんです。数字ですからね。
このDNSサーバはコンピュータが分かりやすいようにドメインをIPアドレスに変換してくれるというわけです。

DNSサーバは通信距離が長いほど、一般的に送受信データの欠損や遅延が増えます。そこで今回検証してみることにしました。

今回選んだのはフリーで公開されているDNSサーバのうち

  • Google
  • Level 3 Communications
  • OpenDNS
  • DNS Advantage
  • Norton DNS

を選ばせていただきました。
これらのうち日本からはどれが速いかを検証してみたいと思います。


DNSサーバ
まずはDNSサーバ一覧です。
Google
8.8.8.8
8.8.4.4

Level 3 Communications
4.2.2.1
4.2.2.2
4.2.2.3
4.2.2.4
4.2.2.5
4.2.2.6

OpenDNS
208.67.222.222
208.67.220.220

DNS Advantage
156.154.70.1
156.154.71.1

Norton DNS
198.153.192.1
198.153.194.1

これが公開されているDNSサーバです。


どのDNSサーバが一番速いか(総合)

まずは全体の順位みたいなものを付けてみたいと思います。
使用するソフトウェアは「DNS Bench」です。
fasterdns01.png

こんな感じになりました(速い順です)。
このソフトは調べるのがとても簡単なのでオススメ。

Response Timeというのは待ち時間です。これが短い程速いです。
Googleが速いですね。
続いてNorton DNSが来ました。
その後

  • DNS Advantage
  • Level 3 Communications
  • OpenDNS

と続きます。
やはりGoogleが速いようですね。
Norton DNSやOpenDNS、DNS Advantageはセカンダリが少し遅いようです。


各サイトへのアクセス

では速かったGoogleとNorton DNS・DNS Advantageの三つのDNSサーバで今度はいくつかのサイトへ接続したときの比較をして見ましょう。

サイトにアクセスした場合、やはりそのサイトがどの国のサーバなのかとか、色んな条件で速くなったり遅くなったりします。

いちいち調べるのは面倒なので「DNS Tester」というソフト
を使用します。
※注意 通信速度は毎回異なるので必ずしも正しいというわけではありません。あくまで比較です。

まずはGoogleとNorton DNS(Timeは待ち時間だと思ってください)
fasterdns04.png

YoutubeはNorton DNSの方が多少速いように見えます。
しかし総合的にはGoogleのほうが速いですね。

続いてGoogleとDNS Advantage
fasterdns03.png

ところどころDNS Advantageの方が速いですね。
ですがGoogleのほうが速いようです。

結果的にはやはりGoogleのDNSが一番使い勝手がいいように見えます。
特に海外のサイトを利用する方には速く感じると思います。

Norton DNSはセキュリティ重視なので安全ですがブロックされることがあります。
安全重視の方はNorton DNSを利用してみるのもいいと思います。

タグ:DNS


↓もしこの記事が役に立ったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



posted by Yuichi at 19:59 | Comment(3) | TrackBack(0) | PC・インターネット>Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Norton DNSで無事iphoneのios5.1アップデートが出来ました。大変助かりました。ありがとうございました。
Posted by No Name at 2012年03月09日 14:02
バーカ
Posted by No Name at 2014年11月02日 18:11
この場合の早いっていうのは返事の返ってくるのが速いっていうことですよね?
更新情報が、上位のDNSから伝わってきてそれが反映されるのが速いかどうかはまた別の話ですよね。まあ、それでもGoogleさんの8.8.8.8が更新速度も速いのでしょうけど。自分が使ってるプロバイダが割り当ててくるDNSサーバの情報の更新頻度なんてどこかで調べられないのでしょうかね?
Posted by No Name at 2016年11月07日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Copyright (C) 2009-2010 Yuichi All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。