新着記事
08/24: 待ち時間・アカウントなしで4sharedにあるファイルをダウンロードするには
08/23: 色んな歌詞検索サイトから歌詞を探してくれる高機能歌詞検索ソフト -Lyrics Master-
08/01: フリーでいろんな国のIPアドレスを利用できるFireFoxのVPNアドオン -Hola Unblocker-
07/18: 著作権フリー・無料で利用できるBGMダウンロードサイト - audionautix
07/17: apngをブラウザ上で見るには
06/14: deviantARTなどで入手したテーマに変更するには
06/03: [KissAnime] - 日本語検索可能でいろんなタイトルが見れるアニメ無料視聴サイト
05/30: スマホをギターにして演奏してしまう動画
05/23: InoReader - シンプルで使いやすいRSSリーダー
05/18: [Apowersoft音声録音フリーツール] - PC・マイクから簡単に録音できるフリーツール
05/12: フリーのDNSへ簡単に変更出来るDNSチェンジャー - [ChrisPC DNS Switch]
05/11: C言語 入門 複合文について
05/10: TabsBy.Net - フリーで利用可能なオンラインTABプレーヤー
05/09: [Chrome Extension]Chromeで新しいタブを開いたときにWindows8のメトロ画面にするExtension - New MetroTab
05/06: Bop.fm - フリーでクールなインターフェイスのオンライン音楽プレーヤー
05/05: iAlbums - アルバムごとにカテゴライズされたプレイリスト作成も可能なオンライン音楽プレーヤー
09/20: [B1 Online Archiver] オンライン上で圧縮ファイルを解凍できるサイト
09/15: Operaの旧バージョン(15以前)にXSSの脆弱性が
09/10: ペルセウス座流星群を1分で
08/29: スマホアプリ紹介サイト
RSS feeds

2009年07月14日

DVD Shrink Part 1:ダウンロードと設定

今回はDVD ShrinkというDVDをリッピングするソフトをご紹介します。

また、2回に分けてダウンロード・初期設定・使い方を説明していきます。

Part 1はダウンロード方法と設定を説明します。

詳しくは続きを読んでください。

DVD Shrink:ダウンロード

バージョンは3.2.0.16。こちらからダウンロードしてください。↓
http://www.altech-ads.com/product/10001088.htm

ちなみに日本語版なので、特に日本語設定する項目はありません。

また、zipファイルなので、ダウンロード後解凍ソフトを使って解凍してください。

解凍はLhaplusあたりがオススメ!!
ダウンロードはこちらから↓
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se169348.html

インストールについては、解凍後、"dvdshrink32_jp_setup.exe"を起動して開始してください。
日本語ですので指示にしたがってインストールすれば問題ないと思います。
また、参考までに私はWindows Vistaを使っていますが今のところ特に問題ありません。


DVD Shrink:初期設定

まずはDVD Shrinkを起動してメニューから「編集」→「各種設定」へと選択してください。

ここで5つのタブがあるのでそれぞれについて解説していきたいと思います。

「各種設定」

shrink_01.jpg


「目標のDVDサイズ」
目標のDVDサイズは「DVD-5 (4.7GB)」を選択してください。
これが基本的にDVD Shrinkの目標サイズになります。
もし変更する場合は「DVD-9 (8.5GB)」or「Custom」を指定して特定のサイズを指定します。

「微小なサイズの音声/字幕ストリームを隠す」
こちらは特にチェックを入れる必要はないです。
文字通り、字幕・音声のとても小さなファイルを省いてくれる機能です。
私にはどれが必要なのか判断できないので、とりあえずはチェックをはずしています。

「マルチタスクを優先する」
DVD Shrinkを使いながら他の作業をする場合に必要。でも、チェックを入れておきましょう。




「プレビュー」

shrink_02.jpg


「ビデオと音声のプレビューを有効にする」
その名の通り、プレビューを有効にするかどうかです。
便利なのでチェックは入れておきましょう。

「ハードウェア設定に適した音声プレビューモードの選択:」
皆さんのPCに適したものを選択してください。私はスピーカー2つなのでステレオを選んでいます。

「DirectX Video Renderer の選択:」
こちらはレンダラの選択をします。
レンダラは上手く言えませんが、PCの計算によって映像や画像を生成する(これをレンダリング)ソフトウェアのこと。
よく分からない人は「システムのデフォルトRendererを使用」を選択しておけば問題ないと思います。
「VMR-9」と「VMR-7」に違いについては、フィルタ内部で"DirectX 9"か"DirectDraw 7"のどちらを使うかによります。
高性能のグラフィックカードを使用しているなら「VMR-9」でも効果は少しありますが、大して変わりません。気にしなくてもいいと思います。




「出力ファイル」

shrink_03.jpg


「マクロビジョンプロテクションの除去」
簡単に言えばコピーガードを外す機能。チェックを入れるとコピーガードを外してくれるので入れておきましょう。

「P-UOPs(ユーザー操作禁止項目)の除去」
市販やレンタルDVDで禁止されている操作(例えば宣伝中は操作が出来ないなど)を解除してくれる機能。チェックしておきましょう。

「layer breakの除去」
2層DVDの1層目と2層目の間で一瞬止まってしまう現象をなくしてくれます。チェックしておきます。

「VOBファイルを1GB単位で分割する」
これは必ずチェックを入れておきましょう。
DVD Shrinkで編集したファイル(VOBファイル)を1GBで分割するかどうかというものです。チェックを外すとかなり互換性が落ちます。

「有効にしたストリームの論理的リマッピング」
おそらく音声や字幕の何かを整理する機能だと思いますが、私にはよく分からない項目です。チェックは入れておきましょう。




「ストリームの選択」

shrink_04.jpg


「音声言語と音声形式:」と「字幕言語:」
両方とも「全ての言語」でいいと思います。
また、「AC3またはLPCM」はそのままでいいと思います。
全ての字幕を無効にするは、文字通りメインムービーなどの字幕がなくなってしまうのでチェックを外しておきます。




「ファイルI/O」

shrink_05.jpg


「非同期 I/Oを有効にする」
これにチェックを入れておけば、リッピングのパフォーマンスが上がるとのこと。チェックを入れておきましょう。

「32KB ブロックの読み込み」
データの読み込みを32KBブロック単位か64KBブロック単位かを選択します。チェックを入れればより詳細に読み込みが可能ですが、同時に時間もかかります。64KBでも特に問題はありません。私はチェックを入れてあります。

「Neroを使用した書き込みを有効にする」
これは市販のライティングソフト「Nero」を持っている方はチェックを入れて、持ってない人は入れなくていいです。




これで初期設定は終わりです。

DVD Shrinkの使い方はこちら↓
DVD Shrink Part 2:使い方(DVDのコピー)


タグ:DVD ソフト


↓もしこの記事が役に立ったらクリックお願いします。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Copyright (C) 2009-2010 Yuichi All Rights Reserved.